012 穴あき電極によるリチウムイオン電池の高容量化・高出力化
見出し画像

012 穴あき電極によるリチウムイオン電池の高容量化・高出力化

画像1

【私の研究はこんな感じ】   
 リチウムイオン電池は電気自動車の普及に伴い、高出力化、高耐久化が必要となっています。それらの要件を満たす正極材料及び負極材料はまだ開発されていません。我々の研究グループでは、ピコ秒パルスレーザー装置を用いて電極に穴あき加工を施すことで、電極特性が向上することを報告しています。例えば、穴あき加工電極を積層させ、低温条件下でのレート特性の評価を行い、穴あき加工電極の有効性を示すことができています。

【こんなコラボをしたい】
 リチウムイオン電池の内のリチウムイオンの移動や熱移動などの解析を一緒にやっていただける方を募集中です。

【私はこんなことができます・こんな協力ができます】
 リチウムイオン電池のコインセル、ラミネートセルによる電池材料評価が得意です。実電池を解体して、化学分析も行っています。

【問い合わせ】
 神奈川大学研究支援部産官学連携推進課

ありがとうございます。
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。