化学反応で環境負荷物質を無害化・再資源化 Detoxifying and Recycling Hazardous Substances through Chemical Reactions
見出し画像

化学反応で環境負荷物質を無害化・再資源化 Detoxifying and Recycling Hazardous Substances through Chemical Reactions

神奈川大学ノート

環境負荷物質を無害化・再資源化する技術とコラボいただける企業を求めます。亜臨界水を用いて、機能性フッ素素材を分解・再資源化する技術が提供できます。本技術を利用いただける企業はお気軽にお問合せください。

問い合わせ: 産官学連携推進課 sankangaku-web@kanagawa-u.ac.jp

(技術の特徴) シーズ動画は下方にあります (EN Subあり)
炭素とフッ素からなる有機フッ素化合物の分解や再資源化に取り組んでいます。低エネルギーコストでフッ化物イオン(F−)まで分解すれば、Ca2+との反応で環境無害なCaF2となり、これは有機フッ素化合物の原料なので再資源化も可能となります。このように、産業界や私たちの生活には必要ですが、環境には負荷がかかるような物質の無害化を行う技術を提供します。

①堀久男)PDF - コピー_ページ_1

②堀久男)PDF - コピー_ページ_2

③堀久男)PDF - コピー_ページ_3

④堀久男)PDF - コピー_ページ_4

⑤堀久男)PDF - コピー_ページ_5

(想定用途)
対象物質はエネルギーデバイスに使用されるフッ素系イオン液体やフッ素ポリマーです。また、レニウムのような希少金属の水中からの光反応に基づく回収技術についても研究しています。

(シーズ動画 日本語 EN Sub)

(問い合わせ先 Contact)
 神奈川大学産官学連携推進課/KANAGAWA University Research Support
   e-mail: sankangaku-web@kanagawa-u.ac.jp


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます。
神奈川大学ノート
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。