027 ナノ・マイクロ物質を捕まえて・集めて・操る手法の開発
見出し画像

027 ナノ・マイクロ物質を捕まえて・集めて・操る手法の開発

画像1

【私の研究はこんな感じ】  
 溶液中に漂うナノメートルからマイクロメートルサイズの物質を光の力で捕まえ、操る手法を開発しています。
半導体や貴金属などのナノ構造体に光を照射することで光の力学作用である「光圧」を増幅し構造体上で物質を捕まえます。
究極的には分子マニピュレーションを実現したいと研究を進めています。

【こんなことを教えてください】  
 捕捉対象物を探しています。
 これまでに、シアノバクテリア、DNA、高分子微粒子、温度応答性高分子、ヒドロゲル、生分解性高分子、リポソーム、量子ドット、金ナノ粒子、色素ナノ会合体を捕まえることに成功しました。
それぞれ、物質固有の興味深い現象を捉えることができました。
溶液中に漂うナノ~マイクロメートルサイズの物質を捕まえてみたい、集めて何か現象を引き起こしたいという対象物がありましたら教えてください。

【私はこんなことができます・こんな協力ができます】
 溶液中のナノメートルからマイクロメートルサイズの物質を捕まえ、集めることができます(物性次第では捕まえることが難しいのもありますが)。蛍光性物質でしたら、捕捉して顕微蛍光分光法により分析できます。有限要素法による電磁場応答計算もできます。

【問い合わせ】
 神奈川大学研究支援部産官学連携推進課

ありがとうございます。
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。