006 ホウ素の使い途
見出し画像

006 ホウ素の使い途

画像1

【 私の研究はこんな感じ】 
  ホウ素を含む有機高分子・超分子材料の新たな合成手法について研究しています。いまだ確立途中の技術ですが、ホウ素を含む高分子・超分子材料を極めて簡単に合成できるだけでなく、化学的な刺激で簡単に原料へと分解できる材料なども作れることから、環境に優しいクリーンな新技術になる可能性があります。

【研究の困りごと・こんなコラボをしたい】  
 ホウ素を含む有機高分子・超分子材料をどのように応用したらよいかというアイデアに困っています。既にある応用例としては、放射線治療のターゲット分子として用いる、または電池の電解質材料などへの応用があります。いずれも私の持つノウハウだけでは実施困難な研究です。これらに限らず、「ホウ素」をキーワードとしたコラボができたらと思います。

【私はこんなことができます・こんな協力ができます】   
 もしホウ素を含むこのような高分子・超分子材料に関するご要望など何かありましたら、用途に応じて材料の分子設計を考案し、その合成や材料の基礎的な物性評価を行うことができます。

【問い合わせ】
 神奈川大学研究支援部産官学連携推進課

ありがとうございます。
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。