実践的学問に出会う場所
見出し画像

実践的学問に出会う場所

神奈川大学ノート
廣津 昌和
理学部・無機化学、錯体化学、有機金属化学

 大学に限らず、入学したての頃は誰もが新鮮な気持ちで授業を受ける。しかし、大学では学びのかたちが高校までとは大きく変わる。一番大きな変化は、学びたい科目を自分で選べることであろう。いろいろと悩んだ末に学部・学科を選び、大学を選んで入学した学生にとって、この変化に戸惑うことが多いのではないだろうか。もちろん必修の科目もあるが、授業が行われる教室に行っても指定された席はない。自由に選べる範囲がこれまでとは格段に広がっている。

 自由に選べるとなると、人はいろいろなことを考え始める。良いことだと思う。自由と言えば、夏休みの宿題の定番になっている「自由研究」を思い出す人もいるだろう。子供にとって、時には大人にとっても悩みの種かもしれないが、自分で考えることを始めるきっかけになる。私は夏休みこそ自由に過ごしたかったので、あまり手間をかけない方法ばかり考えていた。その一つが「カビの研究」だ。棚の上、押し入れの中、冷蔵庫など、家のいたるところにパン切れを置き、カビが生えるまで観察した。昆虫や動物と違い、毎日エサをやらなくてよいので労力は少ない。ただし、カビが生えないと終わらないし、ネズミに食べられると元も子もないので、多少の小細工は必要だった。最終的にすべてのパン切れにカビが生え、無事に宿題を終えた。生え始めたカビの繁殖力に心底驚いたが、家族は嫌がったに違いない。少し話がそれたが、「自由」と言われると、動機はともかく、いろいろなことを考えるものである。

1枚目

2枚目

 現在の大学では履修登録の電子システムが整っており、非常に便利だ。スマートフォンを片手に授業科目の内容を調べつつ、「自分は何を学びたいのか」を考えることになる。私が大学に入学した頃は先輩だけが頼りで、伝わってくる情報量も少なく、不安だらけのスタートだったように思う。履修科目を選ぶ際に、定番科目や推奨科目を知ることはもちろん大切である。しかし、せっかく自由に選べるのだから、専門分野以外にも目を向けて、興味の幅を広げることを勧めたい。私の場合、2単位だけのプログラミングの授業が今でも役に立っているし、高校の時はサボっていた生物の授業も大学では楽しめた。

 私の専門は「化学」なので、そちらに話を移そう。カビの増殖や生き物の生命活動、街中を走っている車の動きも、基本となるのは化学反応である。大学では、その化学反応をフラスコの中で調べる「実験科目」がたくさん用意されている。実験が始まり、白衣を着るようになると、いよいよ本格的に始まったという気分になる。実験を進める上ではチームワークも大切だ。事前に意見交換をすることで、思わぬミスを未然に防ぐことができるし、実験の効率も上がる。実験はフラスコを洗って片付ければ終了ではなく、一つの課題を終えるごとにレポートの提出を求められる。最近はレポートを書くのが苦手な学生が多い。そのような学生には、あまり間違いなど気にせずに、「自分の考えを人に伝える訓練」だと思って取り組んでほしい。私が大学生の時、提出した実験レポートの一つで、データの解釈の仕方に問題があった。期限内に無事に提出できたので、安心して次の実験を進めていたのだが、実験の最中に担当教員がそのレポートを持って訪ねてきた。そのようなことは初めてだったので驚いたが、その場で問題点を丁寧に説明してくださった。わざわざ訪ねてきた理由は定かではないが、私は「自分の考え」が伝わっていたことに妙に安心した。大学のレポートは必ずしも正解を求めているのではない。どのように考え、結論を導いたのかを、的確に伝えることを心がけると良いだろう。

 化学の分野では研究室に配属されると、卒業研究は日々実験である。実験に失敗はつきもので、無駄とも思えるデータが積みあがっていく。答えが分かっていないので、うまくいかなくても当然であるし、それ自体が最先端を歩んでいる証しでもある。気分が滅入ることもあるだろうが、そんな時は担当教員や周りの仲間と議論してみよう。それぞれのデータには意味があり、やるべき課題がたくさんあることに気が付く。「正解のない課題」に取り組むことは大学の学びの特徴であり、大学はそういった「実践の場」を提供している。初めてカビの繁殖を見たときのように、新鮮な驚きに再び出会うこともあるだろう。実践的学問を通して、自分で考え、それを伝える力を養おう。


廣津 昌和
理学部・無機化学、錯体化学、有機金属化学

『学問への誘い』は神奈川大学に入学された新入生に向けて、大学と学問の魅力を伝えるために毎年発行しています。

この連載では最新の『学問への誘い 2021』からご紹介していきます。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます。
神奈川大学ノート
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。