045 固有振動数成分除去法を用いた残留振動制御に関する研究
見出し画像

045 固有振動数成分除去法を用いた残留振動制御に関する研究

画像1

【私の研究はこんな感じ】
 本研究では、計測機器が不要なオープンループ制御による天井走行クレーンの残留振動の抑制を目指して、固有振動数成分除去法による台車軌道の設計法を提案している。固有振動数成分除去法は、線形不減衰系に対して有限時間作用する外力が系の固有振動数の成分を持たなければ残留振動が発生しない、という性質に基づいたものである。本研究では非線形性や減衰の影響を線形不減衰系にかかる外力(みなし外力)と捉え、みなし外力から固有振動数成分を除去することによって上の性質を非線形減衰系へ適用することを可能にしている。

【こんなことを教えてください】
 ・同定誤差に対するロバスト性の向上や二重振子型の系への適用など適用範囲の拡張を行ってきたが、実際のクレーン運転時に生じうる問題や考慮すべき事項を知り、より実用的な手法へと近づけたい。
 ・本手法の新たな適用対象として、残留振動が問題となり得る機械。

【 私はこんなことができます・こんな協力ができます】   
 振動の基礎的事項に関しては一通り。非線形振動に関して多少の知識はあります。

【問い合わせ】
 神奈川大学研究支援部産官学連携推進課

ありがとうございます。
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。