高効率・高寿命の発光体材料を目指して Making Efficient and Long-life Luminescent Materials
見出し画像

高効率・高寿命の発光体材料を目指して Making Efficient and Long-life Luminescent Materials

神奈川大学ノート

高効率・高寿命の発光材料に開発技術とコラボいただける企業・機関を求めます。ねじれることで効率が悪くなっていた分子構造を、炭素で架橋することでガチっとした強固な分子構造を作成する技術をもっています。この技術により、高効率で高寿命な発光材料を提供します。ご興味のある企業・機関はお気軽にお問合せください。

問い合わせ: 産官学連携推進課 sankangaku-web@kanagawa-u.ac.jp

(技術の特徴))シーズ動画は下方にあります(EN Subあり)
高効率・高寿命の発光材料など、新反応開発に立脚した新材料の開発をおこなっています。分子構造の独自性はもとより、機能性の面でも優れています。高移動度有機半導体の開発とOLED、OFETへのへの応用、高効率発光性有機分子の開発と有機レーザーへの応用も検討しています。また、常温で量子効果を発現する分子ワイヤの開発も行っています。

(シーズ動画 日本語 EN Sub)

(問い合わせ先 Contact)
神奈川大学産官学連携推進課/KANAGAWA University Research Support
e-mail : sankangaku-web@kanagawa-u.ac.jp

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます。
神奈川大学ノート
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。