見出し画像

先輩になったのではなく、先輩にしてもらった|「仲間」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。
さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿を追いかけます。

“運命”のようなものを感じて

神大フェスタ(大学祭)実行委員会に入っていなかったら、大学生活がこんなに充実することはなかっただろう。

先輩とのつながり、同期とのつながり、後輩とのつながり、そして大学職員や地域の方々とのつながり。いろいろな人とのつながりがあるからこそ成長できたし、今の自分があるのだと強く思う。

中学、高校と部活には入っていたが、友達づくりは得意ではなかった。自分から積極的に動くタイプでもなく、小さな輪の中で生活しているだけ。あまり交友関係を広げてはこなかった。

地元を離れ、知り合いのいない土地で、ゼロから始める大学生活だったからこそ、新しい人間関係を築きやすい。大学生でしか経験できないことをしたい。神奈川大学でしかできないことをしてみたい。大学生活を始めるにあたり、そう思った。

入学した当初、サークル勧誘でもらったたくさんのビラのなかで、なぜか印象に残った実行委員会のビラ。白黒で印刷された、取り立てて目立つものでもないその小さな紙に、何か“運命”のようなものを感じて、勇気を出して連絡をしてみた。

それが、はじまりだった。

神大フェスタは学生が主体となって企画運営する大学祭だ。実行委員会は1年生から4年生まで合わせて120人ぐらいの大所帯で活動している。

1年生のときは、先輩と一緒に、サークルや部活動のフェスタへの参加を勧誘して回った。頼りになる先輩の言うこと、することをただ真似して、ついていくので精いっぱいだった。

2年生になると、後輩を指導したり、先輩と後輩の間をつなぐ役目を担ったり、少しずつ先輩としての責任感が芽生えてきた。

03_kobayashi-文中

先輩から学んできたことを、今度は後輩へつなぐ

3年生となり、実行委員長に立候補した。
目指したのは、組織の代表としてメンバーを引っ張っていくというよりは、メンバーたちを後方からサポートするリーダーとしての姿だった。先輩ではあっても、親しみやすく話しかけやすい存在でありたいと思った。

先輩たちが積み上げてきた実績を守りつつも、自分にしか出せない色を出したい。よく先輩から言われた「現状維持は衰退」の言葉を肝に銘じて、新しいことにチャレンジしようとするメンバーたちを支えていこう。「そのために何が自分にできるか」を常に問いながら、学生課職員や地域の方々とも連携して、メンバーたちが動きやすい体制を整え、全体の企画を進めてきた。

そして、フェスタは成功に終わった。実行委員長としての責任を果たし、後輩へ道を譲った。決して自分は上に立つのが得意ではない。だからこそ、メンバーと一緒にフェスタを作り上げたいと、サポート役に徹してきた。

あるとき実行委員会の先輩から、「お前も先輩になったなあ」と言われたことがあった。その言葉を聞いて感じたのは、自分は「先輩になったのではなく、先輩にしてもらった」という気持ちのほうが大きいということだ。

夢中で先輩の背中を追いかけて学んだことを、自分が後輩たちへとつなぎ、彼らを支えることができた。大学生活最後の1年は、これまでに出会った多くの人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、一日一日を大切に過ごしていきたいと思っている。

学生たちの成長の物語を動画で公開しています!

#動画
#大学
#大学教育
#神奈川大学
#大学の学び
#つながり
#成長支援

ありがとうございます。
12
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。

こちらでもピックアップされています

SCENE 神奈川大学の風景
SCENE 神奈川大学の風景
  • 7本

動画で綴る、神奈川大学の風景。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。