雌雄生み分け技術のさらなる発展を  New Developments in Sex Selection Technology
見出し画像

雌雄生み分け技術のさらなる発展を  New Developments in Sex Selection Technology

神奈川大学ノート

エビやカニなどを性転換する技術とコラボいただける企業・機関を求めます。例えば、種苗生産、養殖、試料開発などを行うエビ類の養殖関連企業や機関、観賞用のエビの生産などを行うアクアリウム関連の企業が想定されます。お気軽にお問合せください。

問い合わせ: 産官学連携推進課 sankangaku-web@kanagawa-u.ac.jp

(技術の特徴)シーズ動画は下方にあります(EN Subあり)
性転換をさせるホルモンを利用した本技術は、遺伝子組み換え技術ではないので、雌雄の産み分けにより生まれる子供は、自然交配で生まれてくる子供と全く同じです。このため、養殖や種苗法流にも利用可能です。
 また、市場価値の高い性のみを生産できるようになります。例えば、クルマエビの雌のほうが成長が早いので、雌のみを養殖できれば、短期間で大型の個体を生産できるようになります。

シーズ動画 日本語 EN Sub)

(問い合わせ先 Contact)
 神奈川大学産官学連携推進課/KANAGAWA University Research Support
 e-mail: sankangaku-web@kanagawa-u.ac.jp


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます。
神奈川大学ノート
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。