見出し画像

17音の青春 #03|神奈川大学全国高校生俳句大賞 2016年入選作品から

神奈川大学創立70周年を記念して、1998年に創設された「神奈川大学全国高校生俳句大賞」。今年で22歳になりました。

過去から今までの入選作品のなかから、いろんな作品をご紹介しています。その時代の高校生ならではの、瑞々しい句の景をお楽しみください。


画像1

広島・広島高等学校Nさん


一句目、祖母と別れがたい、もう少し一緒にいたいという作者の少し切ない気持ちがよく伝わってきます。

二句目、日焼けした父の自慢気な笑顔と差し出されたみずみずしい夏野菜が目に浮かぶようです。

三句目、なかなか上達しないギターの腕前にじれったくなっている気持ちと「夕凪」がぴったりですね。


17音の青春とは
最優秀賞受賞作品・入選作品及び選者による座談会、選後評を収録した優秀作品集『17音の青春-神奈川大学全国高校生俳句大賞』として出版しています。


ありがとうございます。
4
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。