見出し画像

17音の青春 #09 進路、朝礼…。大きな夏の中の私たちの日々|2018年入選作品から

神奈川大学創立70周年を記念して、1998年に創設された「神奈川大学全国高校生俳句大賞」。今年で22歳になりました。

過去から今までの入選作品のなかから、いろんな作品をご紹介しています。その時代の高校生ならではの、瑞々しい句の景をお楽しみください。


スライド9

愛知・幸⽥⾼等学校S さん


気性のさっぱりした作者です。

⼀句⽬が素晴らしい。「炭酸」飲料は⾃転⾞の⽚⼿運転で飲まれています。雲の峰まで若さに揺れて。

「朝礼をさぼる男⼦や」は、その勇気が羨ましい。退屈な朝礼より緑滴る夏⼭は何倍も美しいから。

「指導室」の⾯接を雲の峰が⾒下ろしています。⼈間の営みを⼤⾃然の中で相対化する視座の健康さ。


17音の青春とは
最優秀賞受賞作品・入選作品及び選者による座談会、選後評を収録した優秀作品集『17音の青春-神奈川大学全国高校生俳句大賞』として出版しています。


ありがとうございます。
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。