ヨーロッパの街角から考える事|久宗周二
見出し画像

ヨーロッパの街角から考える事|久宗周二

久宗周二
工学部教授・社会行動工学

人は旅に憧れる。旅では、いろいろな新しい発見や体験ができる。そればかりか、日常から離れることによって、普段の自分の生活や考え方を見直す機会になる。

ましてや、海外に行くと普段当たり前と思っている習慣や、考え方を見直す機会になる。物事を測る時には、外から物差しを当てないとわからない。海外に行って、少しだけ日本を外から見るだけでも、そのような機会になると思う。学生時代はひと月単位でヨーロッパやアメリカを回った。その時のいろいろな体験や出会いが、今の自分に生きていると思う。さすがに、仕事につくと長期間旅行に行く時間は無くなったが、学会や調査などで少しでも時間があれば街歩きをしながら、その国の人々の行動を観察している。

2019年6月に2年に1度のInternational Maritime Health Symposium(国際海上
医学会)が、ドイツ、ハンブルグ市で四日間開催された。私は学会で2つの研究発表と、2つの座長を務めた。世界中から船医や研究者が300人参加して、140題の発表があった。ホテルから学会への行き帰りなどで人々の行動を観察した。硬い話はさておき、ハンブルグの街角で気がついたものを綴っていく。ドイツは真面目な国民性から日本人と似ているといわれるが、やはり大きな違いもあった。いろいろな場面で、大人としての自覚と責任が問われている気がした。

まず、街の玄関口はハンブルグ中央駅である。そのプラットホームを歩いていると、何台も自転車を押した人とすれ違った。そう、ここでは郊外電車には日本のように分解しなくても、気軽に自転車を乗せることができる。混んだホームで自転車は歩きづらいと思ったが、自転車を押す方も、よける方も気を付けていて慣れていた。

また、日本と違い改札機がない。ヨーロッパや世界の国々で導入されている信用乗車方式であった。自分で切符を買って乗車して、使ったら自分で破棄する。自己責任で電車に乗る。時々車内を検札チームが回ってきて、無賃乗車や不正乗車があった場合は、高額な罰金を取られる、切符を買うかどうかは自己判断で、高額な罰金をとられても自分の責任である。

市内の地下鉄の一部区間が工事のために運行停止になっていた。ハンブルグでは入り口以外に案内掲示はないし、それも路線図の該当部分に×がついているだけ。駅員の誘導はない。代行するバスは普通の路線バスで、自分でバス停を探して乗らなければならない。日本ではあちらこちらに掲示があり、駅の構内放送や駅員の誘導もある。聞けば教えてくれると思うが、係員による案内はない。

ハンブルグの市営バスにも乗った。私が乗っていたバスに、ハンブルグ中央駅からおばあさん、車いすのおじいさん、子ども夫婦とベビーカーの赤ちゃんの五人家族が乗ってきた。車いすのスペースに車いすとベビーカーが乗ったが、日本のように固定せずにおじいさんは手すりを握っていて、おばあさんが支えていた。バス停に着いた時に折り畳み式スロープを出して、ベビーカーと車椅子を降ろしたが、スロープを出したのは運転手ではなく、おばあさんであった。使ったスロープをおばあさんが畳んで、畳み終わったら運転手さんに手を挙げて合図をした。

1人で乗る時は運転手さんが出すと思うが、介助者が自分でスロープを出せるならば、そちらの方がスムーズに、短時間できる。日本のように運転者が必ずやらなくてもよいようである。できることは自分でやる、自己判断を重視しているようである。

ハンブルグではダイアログ・イン・ザ・ダークという博物館のイベントに参加した。真っ暗なホールの何も見えない中で、道を歩いたり、階段を上ったり、飲み物を飲んだり視覚障がい者の体験をするイベントである。東京でも開催されているが、ここハンブルグが発祥である。数人のグループで体験するが、案内役は視覚障がい者の方だった。真っ暗な中でも的確に指示し、案内をした。暗闇の中では心強いパートナーに感じた。また、これが視覚障がい者の就業と自立にもつながっている。一方日本では、現在の世論は国が何とかしてくれないのかということが強く、他力本願的な感じがする。

1週間ドイツでの国際学会に行き、デンマーク、ノルウェー、フィンランド研究者がそれぞれ10人以上参加していろいろ議論をした。日本からの参加者は私一人だった。船員の労働安全衛生というマニアな分野であったが「我々はこうしなければならない」、「私はこうしたい」と自力でやる意識を感じた。デンマークにある世界最大級の船会社マークスラインの船長はすべてデンマーク人とも話を聞いた。自分で考えることの意識の違いを感じた。
デンマーク、ノルウェー、フィンランドは人口が500万人程度の国で、日本で比べると東京都の人口の半分以下、横浜市+川崎市のくらいである。それでも産業を作り、国を維持している。日本の人口減についても、単に働き手が少なくなると考えるよりも、一人一人が何ができるかと自立への意識の変化が必要と感じた。

ハンブルグまでヘルシンキ経由のフィンエアーを使ったが、どの便もフィンランド人乗組員がきびきび働いていた。自分たちの技術や生活を維持するために、自分はどうしたらよいだろうか。自分で考えて、自分で責任を持って行動する。帰国して、日本の街中を見ると、歩行者は道に並んで歩いて、車が来てもどかない。歩きながらスマートフォンをいじって、人にぶつかっていたりするなど、自分がしっかりと考えて行動をしているのか疑問を感じる。2018年の流行語の「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と、誰かに怒られそうである。グローバルの社会では、自分で考え、判断していくことが必要かもしれない。

久宗周二
工学部教授・社会行動工学

『学問への誘い』は神奈川大学に入学された新入生に向けて、大学と学問の魅力を伝えるために毎年発行しています。

この連載では最新の『学問への誘い 2020』からご紹介していきます。


ありがとうございます。
もっと、神奈川大学のことを知ってもらいたい。 たくさんの「人」が行き交い、新たな可能性が生まれる場に。