学問への誘い

31
自炊の勧め ―“食”について考えてみよう―|引地史郎

自炊の勧め ―“食”について考えてみよう―|引地史郎

引地史郎 工学部教授・生物無機化学  新入生の皆さんの中には、大学入学を機に生活が一変したという人がいることと思います。それまではご家族に頼っていた〝衣・食・住〟に関わることを一人で全て行わなければならなくなった、あるいはご家族の分も含めて家事を(一部)担うようになった、という人もいるかもしれません。また先々生活が変化していく可能性は、皆さん全員にあります。そのような皆さんに、人間が生きていくうえで欠かせない“食”にまつわる私の体験を紹介します。根っからの食いしん坊である私

スキ
4
異国に行って学ぶこと|灘山直人

異国に行って学ぶこと|灘山直人

灘山直人 経済学部准教授・国際ビジネス論  異国に行くと何か新しい刺激を得られるような気がする。日常から離れた場所に身を置くことで、気分転換できるとともに、もしかしたら日本にはない刺激を得られるのではないかと心のどこかで期待する。それは出張中の会社員であっても、旅行中の家族であっても、留学中の学生であっても、定年退職後に海外移住した人であっても共通して抱くものではないだろうか。私もそんな異国での刺激を期待して30歳を過ぎてフィンランドで暮らし始めた。最初は何でも面白く映り、

スキ
17
好奇心と興味の種まき|西田依麻

好奇心と興味の種まき|西田依麻

西田依麻 外国語学部准教授・スペイン文学 幼少期の思い出  「よ・う・ち・え・ん?」  「そう。幼稚園っていうのよ」 そう初めて母に教えてもらった。私たちは散歩の途中、とある幼稚園の前に立っていた。午前中だったのだろうか。私の目に映る、私よりちょっと年上に見えた男の子たちや女の子たちが沢山いた。そして、彼らはその「ようちえん」という所の庭で大きな声を出して走りまわったり、砂場で泥団子を作ったり、滑り台やブランコで遊んだりしていた。みんなの笑顔と楽しそうな声そのものが、つ

スキ
8
名言とともに「学ぶ」を考える|辻 勇人

名言とともに「学ぶ」を考える|辻 勇人

辻 勇人 理学部教授・有機化学  人生はよく山登りに例えられます。大学に入学した時点が頂上で、後は楽勝!と考える人も居るようですが、頂上に見えたのは実は単なる小さなコブであり、卒業後の社会ではもっと険しい道が待ち構えていることに気づきます。その険しい道を走破するためにも、大学でぜひ身につけてほしいことがあります。先人の言葉をもとに少し具体的に見てみましょう。 『教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである』  光電効果や相対性理論で有名な物理学者、ア

スキ
14