SCENE 神奈川大学の風景

9

世界に目を向け、自分自身の答えを見つける|ブルーノ ティノ

「日本の原子力がメディアでどのように表象されてきたのか」をテーマとして研究に取り組むブルーノ・ティノ先生。フランスの大学を卒業後、日本への留学…

予約型奨学金というサポートが可能性を広げてくれた

「予約型奨学金というサポートがあるから、大学生活では自分の興味があることにチャレンジできる」。留学にも挑戦した経営学部の学生は、大学での学びと…

あなたならできる。その言葉に励まされた|「海外」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。 さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿…

先輩になったのではなく、先輩にしてもらった|「仲間」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。 さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿…

「なぜ」の理由を考えさせる教師になりたい|「先生」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。 さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿…

不安9割、期待1割から始まった大学生活|「親」とのつながり

学生たちには、一人ひとりに大切な「つながり」があり、物語があります。 さまざまな人々と出会い、それぞれの経験を積み重ね、自分らしく輝く学生の姿…

「疑う視点」を持ち、発信する力に|木下 直之

街のいたるところに存在する造形作品。多様化する美術の世界で、「なぜそこにあるのか」という存在理由を考えて、常に「疑う」姿勢を持ってほしいと木下…

日本人の思想に触れ、生きるとは何かを考える|上原 雅文

「日本思想史」は、日本人の過去の思想や宗教をふり返り、それらがどのように現在の考え方や生き方に影響を与えてきたのかを考える学問だ。上原雅文先生…

文学の世界から、文化が交わる場所へ|熊谷 謙介

「答えがなかなか分からない、謎めいた難しさが文学の面白さ」と語る熊谷謙介先生は、自身もフランスの詩人・マラルメを生涯の研究対象とし、「長い時間…